ほねをくれ

Memory 青春の骨なしチキン

描いた絵の話 「叶わないのが怖くてお願いごとができない」

【オリジナル】「「叶わないのが怖くてお願いごとができない」'18」イラスト/くろいやなぎ [pixiv]

 

一週間前の話をするが、七夕だった。旧暦の。

7月7日前後はたしかものすごくメンがヘラっていて(どうせ毎日ヘラってるけど)、今よりも絵が描けなかった時だった。

でも七夕の絵は描きたかったので、「旧暦の七夕である8月17日までにアップできればオッケー」という未来の自分任せな締切を課した。未来の自分が痛い目見るからやめとけって思うのにいつもやってしまう。非常によろしくない。しかも結局アップしたのは18日だった。

そこまでして描きたいほど七夕に対して思い入れがあるのかというと、正直そんなことはない。

去年「あっ七夕だー何か七夕の絵を描こう」と考えた結果、今よりもメンがヘラっていた当時の私は「叶わないのが怖くてお願いごとができない」という骨なしチキンみたいなタイトルの絵を描いたのだけど(投稿した時RTとかいいねくれた方ありがとうございます)、そのタイトルとテーマが自分でかなり気に入っていて、また描きたいなーと思っちゃった、ただそれだけなのだ。織姫さんと彦星さんの恋愛の方針については現在特に思うことはないので、私の知らない所でイチャついていただきたい。

【オリジナル】「「叶わないのが怖くてお願いごとができない」」イラスト/くろいやなぎ [pixiv]

これ

 

こんなタイトルと絵を考えて描いてしまうような骨なしチキンにとって、この手の願掛けで最大の恐怖は「願いが叶わないこと」だ。

これはもう紙に願いを書いただけで叶うと思っている時点で他力本願も良いところだし、1年ぶりにようやく会ってイチャつくのにお忙しい織姫さんと彦星さんにそんな重責を負わせるなという話なのだが、それでもせっかく書いた願いが叶わなきゃ悲しいものは悲しいのである。

そこまで思うなら叶わなくてもダメージが少ない無難な願い事か、適当に「家内安全」とでも書いておけよと思うが、そもそも叶わないことを恐れるということは「叶いがたいけど実現してほしい願い事」を胸に抱えているということだ。叶えてほしすぎてめっちゃ切羽詰まってるのだ。明らかに願う先を間違えている。今すぐその願い事を書いた短冊を握りしめて貴船神社に参拝したほうがいい。貴船大明神なら少なくとも織姫と彦星よりは聞く耳を持ってくれるだろう。だが当人は「そこまで大層なことするほどじゃない…」と思ってたりするのだ。

どうしよう自分で書いていてものすごくめんどくさくなってきた。

  

あともうひとつ、「やりたいことを口に出していくと実現しやすくなる」とか「ポジティブなことを言っていると気持ちもポジティブになりやすい」とかそんな感じのことを聞いたり読んだりするが、「願い事を書く」という作業も似たような効果があると思う。自分の叶えたい願望をアウトプットすることで、「自分はこれを願っている」と再認識して、「叶えるために頑張ろう」と改めて思ったり行動したりする。願掛けはそういう側面があると思う。

だが超絶ネガティブな骨なしチキンがそれをやるとどうなるかというと「こんなことを願掛けするなんて虚しすぎる」と思い始めるのである。「5000兆円ほしい」と書くと「叶うわけがない…虚しい…」と思うし、「500円ほしい」と書いたとしても「願いがショボすぎる…虚しい…」と思う。

自分の願望を客観視してしまうと、叶う叶わないに関わらず「虚しい」と思い始めるのだ。実現が難しいけど切実な願いを持っているなら尚更である。

そうなるとまず願い事を書くことすらできない。書いたとしても虚しすぎて笹に吊るせない。そうなると何も願えないがそれもそれで虚しい。もうどうしようもない。

やばい書いてて虚しくなってきた。

  

このようなアルティメットめんどくさい骨なしチキンの思考回路から生まれたのが去年と今年の七夕絵である。どうしよう文字にすると我ながら大変にめんどくせえ。なんでこんなめんどくせえことを1700字もかけて説明してるんだ。もうちょい手短かつ気軽に語るってことをできねえのか。ごめんできない。

こんなめんどくさいことばかり考えるのはひとえに精神的に余裕がないからである。特に去年までは鬱と人間不信が酷くて「自分の味方は誰一人いないから何としてでも1人で生きていかねばならぬ」という強迫観念で心身がガチガチだった。ちきしょう心身共に健康になりたい。

  

とはいえいつも「それはそうなんだけどもうちょい気楽に考えてもよくない??」とツッコミを入れながら絵を描いているし、この絵にも去年描いた当時から「いや叶ったらラッキーぐらいの気持ちで願おうぜ」と思っている。叶わなかったら悲しいが、そもそも願わなきゃ叶いもしないのだ。

その「願う」という小さな一歩が、ひどく重くて難しかったりするんだけども。

 

 

 

 

ついでに絵の話をすると体のパースとセーラーの白ラインが大変だった(いつもだけど)。あと黄色ふえたなーと思う。前は黄色が苦手すぎて全然使えなかったけど、ここ1年ぐらい黄色系の色に興味が湧いたからか黄色と黄緑が前より使えるようになった気がする。えらい。

あと背景描いたり最後の調整したりしてる時に部屋にヒトリガぽいフォルムの蛾が入ってきて、なんかちょっと運命感じつつ写真を撮って外に出て頂いた。いまだに名前がわからなくてつらたん。落ち着ける場所を探して地面をトコトコ歩いてる時は翅を開いてて、ここ落ち着く~って座ると翅を閉じるというのがわかってめっちゃうれぴっぴありがとうありがとう。いつかヒトリガをリアルで見たいな~~~できれば部屋の外で