ほねをくれ

Memory 青春の骨なしチキン

ここ最近のクソ夢まとめ

 

 

 

 

 

 

その他

・夢の中の夢の中で夢を見る

二度寝すると夢の続きを見るのを複数回やる

・「これは夢だ!!目覚めなければ!!!」ってなるんだけど目覚められない

・車やバイクや原チャリを運転して事故る

・殺人が起きる、起こす、自分が殺される

・ホラー映画で見た怖い幽霊男が枕元に立って自分を見下ろしている

・ものすごく性癖に刺さるドスケベ漫画の続編を宇宙人に奪われ激怒する

・推し(ひたすら顔と声が良いイケメン)に怪力で足ツボを押されながらひたすら罵倒されめちゃくちゃ興奮する

 

 

※最後2つは爆笑だけどこの中だと大当たりみたいなもので、平素は物騒な夢のほうが多いです

 

それでも最近は起きた時には忘れてたり、わけわからんわwwwって笑って終わる夢が増えたりで平和になったほうだと思います。わーいうれぴ。

 

描いた絵の話『願ってしまったから』

 

七夕でした。

 

 

https://twitter.com/honewokure/status/1030719039604023296?s=20

昨年と一昨年は「叶わないのが怖くてお願いごとができない」というストロングチキンなテーマでしたが、今年は一歩踏み出して「願ってしまった」。何に何を願ってしまったからどうなったのかは絵から察してくださいよろしくたのむ。橋姫説が濃厚だよ

 

というわけで今回の制作過程です。どうでもいいですが今回からですます調で書いてみます。理由はですますで書きたいからですます。 

 

f:id:honewokure:20190806215531j:plain

ラフ。今回のメインは「沈むJK」と「水面に映った星空」。頑張ってエモエモにすっぞ~~~

今回は全部フォトショで描いています。やっぱりなんだかんだでフォトショパゥワーは強い。

 

f:id:honewokure:20190806220149j:plain

パーツごとにレイヤーを分けつつザカザカ塗っていきます。

アルティメット線画描けないマンなので、最初に色を塗ってからそれをなぞる感じで線画を描いてます。修正する時めちゃ楽。

 

f:id:honewokure:20190806220447j:plain

水面の星空。これをこうしてこうしてこうじゃ。

上のテクスチャ(道路と雪の写真)を黒いレイヤーに重ねて、青~紫のブラシで星空みを足して、変形ツールでめちゃ引き伸ばして水面に敷いてます。

それをゆがみツールであちこち水面のゆらゆらに合わせて歪ませて、その上から水面のゆらゆらをブラシで描くと一気に水面。モチベが上がる。

 

f:id:honewokure:20190806221325j:plain

人物を描きつつ七夕の笹のラフとか入れ始め。

右腕はどうしようか悩んで赤い短冊を持たせてみてるとこ。あと水面下で左腕を掴んでる腕とか描いてみてうーんなんかちがうなーとか考えてるとこ。ここがめちゃ長い。

 

f:id:honewokure:20190806221636j:plain

結局最初のラフの構図に戻ったとこ。あと水面に色を足してみてるとこ。手前の水面に血の赤をブッシャーしようとしましたが画面がやかましくなるのでやめました。

笹は去年描いたものをコピペして置いて、位置とか大きさはこのぐらいかなーと考えてます。笹の葉の生え方があまりに適当すぎて去年の自分は何を描いてたんだ。

 

f:id:honewokure:20190806222013j:plain

人物描き進め。手とか髪とか。

 

f:id:honewokure:20190806222104j:plain

色補正とかテクスチャのレイヤーを足しつつ全体をエモみマシマシにすべく頑張ってるとこ。絵面や色的にエモみを出しやすいけどやりすぎると画面がエモみの大渋滞になって悪堕ちするので注意。これはコントラスト強すぎてやりすぎの図。

 

f:id:honewokure:20190806222506j:plain

色をいじりつつ、短冊を置いたり手を足したり。笹がいまだコピペのまま進まなくてつら~~!!!!!って思ってるとこ。

 

f:id:honewokure:20190806223005j:plain

根性とコピペで笹を描いたぞ

 

f:id:honewokure:20190806222722j:plain

全部描き終わったので全体を調整。青みを足したり、人物(特に右腕)周辺の星をちょっと暗くして悪目立ちしないようにしたり、そういう細かいとこをネチネチといじいじします。

 

f:id:honewokure:20190806223305j:plain

完成ェ~~~~~~~~~イ!!!!!!!!(CVサンシャイン●崎)

 

制作期間はバテていた期間含めだいたい1ヶ月ぐらいでした。笹が無かった頃の先の見えなさと7月の夏バテ具合がヤバかったです。とはいえ最終的にエモエモ時々ホラーな絵(当社比)を描けたと思うので良かったと思います。

だいぶ身体が動くようになってきたので、秋か冬(できれば秋)のコミティアで新刊を出す世界線に向かうべく頑張ります。

まだまだ暑いですが、夏バテにお気をつけてお過ごしください。 

 

 

【宣伝】

今まで作ったイラスト本やポストカードセットを通販しております。是非ゲットしてね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

kuroiyanagi.booth.pm

描いた絵の話「Imaginary sky」

 

ひ さ し ぶ り だ な

 

ツイッターでアンケートをとったら上記の結果になったので、爽やか女子を描くことにした。

というわけで今回のテーマは「爽やか」である。

 

f:id:honewokure:20190617000005j:plain

雑すぎるラフ。

他にもいろいろ描いていたが、一番爽やかに描き甲斐のあるのはこの子だろうということで決定した。

 この子。爽やかとは。

 

f:id:honewokure:20190617000536j:plain

ざくざく描いていく。顔がまだ爽やかじゃない。

最近「部分ごとに描かず全体をちょっとずつ描き進めていく」というのをやっとできるようになってきた。気がする。

 

f:id:honewokure:20190617000658j:plain

手とか本とか。

f:id:honewokure:20190617000855j:plain
更に手とか本とか。

手軽に反転できるからデジタルって最高~~と思いつつ、セーラーの水色がいつもより明るすぎてちょっとどうしようって考え始めてる。

ちなみに私はものすごく線画を描けない人間なので、手とかの線は色を全部塗ってから描くと良い感じになる。と思う。

 

f:id:honewokure:20190617001356j:plain

背景を漠然としか考えてなかったのでどうしようどうしようって焦りつつあちこち描いてるとこ。

セーラーの水色問題は紺色からのグラデーションにすることで解決した。

 

f:id:honewokure:20190617001450j:plain

トリミングとか背景とかどうにかしてるとこ。一気に爽やか炭酸ソーダ感。本のパゥワーで空にトリップしてる感じ。

あと顔をめちゃ可愛くした。ほっぺた赤くしたり目にきらきら足したりして少女漫画ぽくしてみた(当社比)。

今まで顔のパーツを小さく描きがちだったので、なんか変だなーとか雰囲気変えたいなーとか思ったときは鼻と唇をでっかくするようにしている。だいぶ変わるし良くなると思う。たぶん。

 

f:id:honewokure:20190617221406j:plain
三つ編みとかスカーフを塗っていろいろいじって完成。
台風レベルの強風が吹かないと三つ編みはこんなに揺れはしないがイマジナリー仕様なので良しとする。揺らしたいんだ三つ編みを。

意気揚々と本の表紙に「Imaginary」って書こうとしたが、向き的にこっちは裏表紙だったので泣く泣く断念した。こういうとき本しんどい。

テクスチャの写真とかは今回はあまり使わず、背景はこういう形のブラシを複数使って描いて、最後にフォトショでノイズを入れてザラザラ感を出している。最近引き算メイク的な感じでテクスチャを入れすぎないということを覚えた。

 

そんな感じで爽やか女子だった。楽しかった。

今回の制作時間はだいたい14時間ぐらい。けっこう短い(当社比)。いつもこのぐらいで描けたら良いな…

次は二番目に票が多かったエモい女子を描く予定なので待っててくれろ~~~~

 

 

【宣伝】

イラスト本やポストカードセットを通販しております。是非ゲットしてね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

kuroiyanagi.booth.pm

描いた絵の話「Don't call me "Moth"」

※所々に蛾と蝶がいる絵の話なので苦手な方はご注意ください。

 

前回の作業過程のスクショを貼りながら性癖を語る絵の話をするスタイルが意外と評判が良かった(当社調べ)ので、味を占めて感謝を込めて今回もそんな感じの記事である。

 

ちなみに今回の絵のテーマは「蝶に化けようとした蛾」だ。

蛾の愛好家は世界中に沢山いるし、蝶が嫌いな人も多いが、それでも世の大多数は蝶に優しく蛾に厳しい。地元のイトヨにも東京のシャレオツなアクセサリーショップにも蝶をモチーフにしたアクセサリーは売っているが、蛾のアクセサリーは皆無だ。ハンドメイドアクセサリーのイベントとかに行くしかない。虫にそこそこ好意的である私の母ですら「蝶は綺麗だけどさ、蛾はなんていうか汚いよねえ」などと言いやがる。私が蛾なら「ちきしょう、転生だ」と叫んで飛んで火に入るところである。

蛾と蝶の違いや世間のイメージの差について語り始めたらいつまで経っても絵の話に進まないので割愛するが、同じ「鱗粉がついた翅を持つ虫」なのに見た目や出没地点でここまで扱いに差があるなんてどっかの人間のようじゃないかチキショーというのを、私の大好きなthe GazettEの「A MOTH UNDER THE SKIN」を何年もヘビロテして思っていたので今回描いた次第である。出だしのベースが何回聴いても五臓六腑に沁み渡る。

 

 

f:id:honewokure:20190111162621j:plain

ラフ。これを描いた時点で既に1週間ぐらい費やしている。しかも去年の4月ぐらいの話である。今のメンクリに通院する前だわ

 

f:id:honewokure:20190111163016j:plain

どうにか色をつけて背景をある程度塗った。

ここから行き詰まって半年ほど放置される。

 

この時点で一応色とか服の設定とか考えていたが後に半分以上ボツになる。ちくしょうおまえはいつもそうだ。

 

f:id:honewokure:20190111163415j:plain

12月中旬になってやっと描き始める。顔がどんどん凶悪になっていった。

鬱で無気力というのを差し引いてもものすごく進まないので、ツイキャスで作業画面を垂れ流して描かざるを得ない状況を作って描いていた。それでも進みが遅かった。最初からイメージが固まっていたのが不幸中の幸いである。

ちなみに蝶はミヤマカラスアゲハ、蛾はイボタガ。「綺麗な蝶と不気味な蛾」の対比がわかりやすいシルエットとカラーと偏見で選んだ。もっと派手な柄のはいるがしかしそれなりに身近な種にしたかったのでこの二種にした。でもイボタガすら生で見たことないつらい。

 

f:id:honewokure:20190111164033j:plain

地獄のドレス修正。まためんどくせえ性癖との戦いが始まる。

今回の性癖さんの要望は「下品じゃない程度に脚を出しつつも布地が多くて、元はイボタガであることを示すため青いシースルーの下にイボタガ模様が見えるようにできる服~ミヤマカラスアゲハカラーのグラデーションとフリルを添えて~だ、OK?」である。心の中でシュワちゃんが「オッケー!!」と言ってズドンと銃を撃った音が聞こえた気がするが空耳である。

 

f:id:honewokure:20190111170526j:plain

そういうわけであれやこれや描いてひねくり回すのに数日かかった。二の腕のフリルが二段だと重たい感じになるので一段にしつつも胸の部分は二段にしたいと性癖さんが駄々をこねるので悪態つきながらそこも描き直す。つれえ。

あと単純にパイオツカイデーみを強調しきれなかったりフリルを描くのが下手くそだったりして時間がめちゃかかる。つれえ。いつまで経ってもフリルを上手に描けない。つれえ。

 

f:id:honewokure:20190111174358j:plain

どうにか服を塗った。あとガーターのリボンのノリでイボタガ御本尊を置いた。この時点で最早年末である。

「やらしい雰囲気にしたければ手にレース装飾を付けろ」という心の中のイモータン・ジョーの声に従い、手の部分は黒レース編み上げのやらしいやつ(スケベなレースの下着を付けてる海外のお姉さんがよく付けてるアレ)をベースにちょうちょっぽい柄にした。これで一気にちょうちょ感が増した気がする(当社比)。

 

f:id:honewokure:20190111174221j:plain

服がどうにかなったとこ。蝶の鱗粉ザラザラ感を出したくてキラキラ的なのを撒いた。縮小されたら全然見えないけどたぶん新刊のサイズ(B5)でならそれなりに見える。たぶん。

f:id:honewokure:20190111180240j:plain

全部塗り終わったのでずっと後回しにしてきた壁のとこをどうにかする。
「蝶の標本の写真」的な感じでいくと決めたもののパースがわからんすぎてツイキャスで泣き言を言いながらどうにか描く。つれえ。

 

f:id:honewokure:20190111182709j:plain

どうにか全部塗ってあちこち細かいとこをどうにかした。

最近は背景や暗い部分を青~紫のエアブラシで塗りつぶすのが好き。あとザラザラしたノイズを暗いところにぶちこむのも去年に引き続きめちゃやる。一気に不穏な感じが出る気がする(当社比)。

 

f:id:honewokure:20190111183742j:plain

毎度のことだが彩度が低いのでガン上げして完成。「今年は彩度が高い絵を描く」とさっき決めたのでめちゃ上げる。そんで服の青とか紫が目立つので暗くする。このへんの色のアレがいつもむずい。フォトショパゥワーは偉大。

 

f:id:honewokure:20190111191026j:plain

顔周りこんな感じ。

右半分が化粧とアクセサリーで取って付けた蝶、左半分が隠しきれてない蛾。金髪碧眼は髪を染めた(ので眉毛は地毛の黒)のとカラコン。黒チョーカーとコルセットは「蝶にならなければ愛されない」という思い込みで自縄自縛。そんなイメージ。

この量の髪をブリーチした上にゆるふわウェーブ巻いてたらめっちゃ髪傷んでるだろうな~~~とか思いながら描いてた。応援してる。

 

 

そんな感じである。長かった。やっと描き終わって日の目を見た。蝶になってもなれなくても愛されてこいよ。

 

ちなみにこの絵と前回のハロウィン絵などを10枚ぐらい詰めたイラスト本(残念ながらこのブログみたいな長い語りは無い)を2月17日のコミティアで出す予定なので、ビッグサイトに来るお友達は何卒ゲットしにきてくれるとやなぎとってもうれぴっぴ。3月に通販もする予定だよ。

そういうわけなので新刊を入稿した世界線でまた会おう。

 

 

www.pixiv.net

エレクトロニックお掃除ミュージック10選

いつもの無駄に長い前置きをすっ飛ばして本題に入りたい方はこちら

 

20時間ほど布団の中に籠もっていた。

地獄だった。何か理由があったわけでもないのだが、どうしてか布団から出るのがひどく難しかった。約20時間、飲まず食わずで布団の中にいて、寝てクソみたいな夢を見て、目が覚めてここが夢か現実かわからず混乱して、時々スマホを見て起きねばと思うが布団から出られずまた寝るのを繰り返していた。その前も諸々あって布団に籠もりっぱなしだったので、2日半で30時間以上は布団の中に籠もっていた計算である。

だが終わってみればその程度で済んだだけ僥倖である。ちゃんと限界きたらトイレには行ってたし、最終的には布団から出ることができたわけだし、その後シャワーを浴びてスッキリしたし。

 

で、20時間ぶりに覚醒した私が目にしたのは、小さなホコリが目立つきったねえ自室の床だった。しかもその上では太陽の光に照らされたホコリが宙を舞っている。

私は激怒した。必ずこの邪智暴虐なホコリを除かねばならぬと決意した。私はガサツな人間である。マメに掃除して部屋をキレイに保つ習慣は母の子宮に置いてきた。更に心を病んだ所為でクイックルワイパーひとつかけるのもひどく難儀なことになってしまった。けれどもホコリに対しては、人一倍に敏感であった(鼻水が出る的な意味で)。

だが私は掃除が嫌いである。めんどくさいこと山の如しだ。とはいえ我が家にルンバなどという文明の利器は無い。手元にあるのはクイックルワイパーと数種類のシート(ハリーポッターとアズカバンの囚人みたいなテンポで読んでほしい)だけである。他の掃除道具はどれも高度な技術とバイブスが要求されるので今は難しい。今の私が使える武器はこれだけである。

 

こんな時に必要なものはそう、テンションである。とにかくテンションを上げて、ノリと勢いでやっちまえば大抵のことはどうにかなるのだ。大切なのは自分のテンションをその段階まで持っていくことだ。

 

というわけでまずは部屋をディスコにした。

 

一応説明するとミラーボール電球をデスクライトに付けて回しているだけである。以前「千円あったのでトイレをディスコにした」というバズツイートを見て爆笑しながら買った。最高。 下の紫のライトはLEDテープライトで、これは普段からモニターと棚に貼って照明として使っている。リモコンで色を変えられるのでサクッとディスコにできて便利。

とりあえずリンクを貼るので部屋やトイレや玄関をディスコにする時のご参考になれば幸いである。

 

取り急ぎ照明はこれで良いとして、もう一つ必要なものがある。BGMである。照明がなくてもいいからBGMだけは用意しなければならない。何故なら掃除中はほとんどカラーライトとミラーボールは視界に入らないからだ。

ただでさえ面倒な掃除をするのだ、極力面倒なことを考えずにテンションをアゲアゲできるBGMを選択したい。つまりEDMである。EDMとは「エレクトロニック・ダンス・ミュージック」、たぶんクラブとかフェスとかでパリピに酒を飲ませて踊らせるために作られた電子ドラッグ音楽である。体を動かしたくなるアゲアゲな曲が多数あるので、必然的にテンションが上がる。地獄の叫びが轟く重金属音楽でテンションを上げても良いのだが、勢い余って掃除ではなく破壊が始まったら困るので今回はパリピダンス音楽にした。たとえ勢いが余っても踊るだけで済む。

 

前置きに1500文字分かけたがようやく本題だ、そういうわけなので今回は無心で掃除をする際に重宝したエレクトロニックお掃除ミュージックをご紹介する。

少なくともAppleMusicでは全曲配信されているので、アーティスト名か曲名を検索してプレイリストにぶっこめばお手軽にパリピごっこできる。ストリーミング最高。

 

W&W「Rave After Rave」

youtu.be

Krewella「Party Monster」

youtu.be

私の中の2大パリピEDM。だいたいこの2曲をかけとけばテンションがパリピになれる。さりげなく低音がドゥーンドゥーンいってるのが最高。 特にパーティーモンスターのサビめっちゃ頭振り甲斐がある。掃除する前に聴いてテンション爆上げするのに重宝する。

 

BIGBANG「FANTASTIC BABY」

youtu.be

アゲアゲダンスミュージックといえばK-POPも捨て置けぬ、私の中で最強のアゲアゲK-POPは何年経ってもファンタスティックベイビー。とにかく「デァンス!!」とか「ワァオ、ファンタスティックベイビー」とか「ブンシャカラカァ!!」って言いたくなる。ブンシャカラカァ!!!!

 

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」

youtu.be

パリピミュージックといえばEXILE TRIBEも捨て置けぬ、何も言わずとも出だしの「パァ~~~~」みたいな音で既にバイブスブチ上げ、あとはわかるな。

 

TJR & VINAI「Bounce Generation」

youtu.be

Dimitri Vegas, Martin Garrix, Like Mike「Tremor」

youtu.be

こんなの聴いたらとりあえず手を止めてジャンプするか頭振るかしかない。

 

Britney Spears「Work B**ch」

youtu.be

ブリちゃんに何回も「働けビッチ」と罵ってもらえるありがたいダンスミュージック。スピーカーをギャグにする発想はなかった。クイックルワイパーが捗る。

 

Zomboy「Like A Bitch」

youtu.be

Knife Party「Rage Valley」

youtu.be

戦闘系EDM。攻撃力が高い。いつの間にか床に着いていた汚れを落とす時のBGMに最適。

 

Showtek ft. We Are Loud & Sonny Wilson「Booyah」

youtu.be

あまりにもサビ前~サビが脳を焼きにきすぎて最早笑うしかできない。言葉にならない。とりあえず聴いて。

 

 

以上、テンションとバイブスをアゲアゲにして掃除をする時のご参考になれば幸いである。

ちなみにクイックルワイパーのシートは重曹が入っているウェットシートがすごく便利だった。